中古ドメイン取得での注意点

中古ドメインは、Googleのインデックス状況という点でインデックスされるスピードが速いといった点や、Googleのページランクを引継ぎできたり、ドメインエイジを引き継ぎ可能といった点などでメリットが有ると言われています。
検索順位といった点で新規ドメインよりもよりメリットが高いという事が挙げられ、こうした中古ドメインからリダイレクトさせるといった方法なども有るのです。

一方で、中古ドメインを取得する際には気を付けるべき点があるため、その注意点や調査の仕方についてご紹介してみたいと思います。
中古ドメインを取得する時には被リンクの概念に気をつけるという事が挙げられていて、被リンクでメリットが出るケースかどうかをよく知った上で取得を行うという事が大切なことなのです!

中古ドメインの大きなメリットと言われているのが被リンクを受け継げるという点です。
被リンクの質の高い中古ドメイン取得が行われればSEOに有利な状態からサイト運営を開始可能ですが、逆ならインデックス状況にとってはデメリットでしょう。

つまり、ブラックリストなどに載っていた悪バックリンクによってGoogleからペナルティを受けているドメインを取得してしまうと上位表示は望めないので、過去の状況はチェックが必要という事なのです。
中には価格は高いのにペナルティを受けていたというドメインもあり、痛い目に遭わないためにも被リンクについてはしっかりと調査を行う必要があるといえます。

いくつかの団体では、過去にスパムと判定されたIPアドレスやドメインをチェックしてブラックリストとしてデータベースに登録する事が行われていて、取得を予定している中古ドメインがブラックリストに登録されていないかどうかを確認することができるようになっています。
ですから、そうした団体のサイトなどを活用するという調査の仕方が有るのです。

そのようなサイトの一つに、mxtoolboxというサイトがあります。
例えば、ドメインやIPアドレスがブラックリストに登録されているという場合、DNS設定の設定状況などを確認することでその状況を知ることができるというサービスです。
またMultiRBLもドメインやIPアドレスがブラックリスト登録されていないか確認することが可能と言われているのです。

こうして調査し手取得した中古ドメインを活用してリダイレクトさせることによって検索順位上のメリット等を得られると言えます。